読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Sapporo City Survival guide

これからの時代を札幌という町に住みながら生き残っていくことを考えていくブログです。主に雑記、札幌への移住を考えている人向けの記事を書いていきます。

雪の事が心配ですよね

やっぱり北海道住むことを思った際にまず第一に出てくるのは雪ですよね。

現在暖かい地域に住んでいる人たちには北海道はまるでシベリアの永久凍土の様な極寒の土地の様に思えてしまうのは仕方ないことでしょう。

実際に住んでいる人間からするとどんな感じかちょっと書いていきますね。

 

1.寒いっちゃ寒いけどその寒さに触れている時間はそんなにない

確かに冬の外気温は寒い日も多いんですよ、行くときゃマイナス10度くらいいきますしね。

でもそもそも本州でも真冬にずっと外に出ずっぱりな事ってあんまり無くないですか?

北海道の家は室内がかなり暖かいです、そのため家の中に入ってしまえば外の気温ははっきり言って関係無いんです。

これは北海道出身の人のかなりの割合にある感覚だと思うんですが

” アイスクリームは冬がおいしい "

これがなぜかというと冬でも室内が暖かく乾燥気味のためアイスクリームやビールがかなり美味しく楽しめるんです。

市街地についても同じことが言えます。

札幌市の中心部は大体

地下鉄南北線ススキノ駅--大通り--札幌駅区間内にあるんですが、

この区間すべて地下に歩道があるため寒さもあまり関係が無いんです、もちろんそれなりに暖房が効いています。

その結果、有名な話ですが

”北海道人は寒さに弱い”んです。

 

2.雪かきをしなくてはいけないのでしょう?

これに関してはハッキリ言ってどこに住むかによって変わってきます。

地域的なことではなく建物によって変わってきます。

大まかに言うと

アパート、マンション....9割はしなくてもよい感じ、ごくたまに当番的なものが決まっている賃貸があるが本当にまれ

 

一戸建て(賃貸、持ち家問わず).....しなくてはいけない。

 

また、マンションなどでも車の駐車スペースは自分で管理すべきスペースなので雪かきも必要になってきますね。

 

3.個人的に最も制限がかかると感じるのは車

4WD(4つの車輪すべてがエンジンの力で回る駆動方式)じゃないと正直きっついなあって感じることが多いですね....

つまりスポーツカーに乗るのは難しいです。FR(後輪のみエンジンの力で回る駆動方式)車は冬の間は本当に危険な乗りものになります、交差点でスピンしている車を冬の間はよく見かけます。

逆に言えば4WDのアウトドア志向な車はかなり走らせやすいです、道幅も広いですし

本州のクラウンな感じでランクルが走ってると言えば車好きな方はぴんと来やすい感覚かと思います。

 

4.最終的には向き不向きもある

こう言ってしまうとそれで終わりな感じですが、上記の様な内容すべてひっくるめて合わない人は合わないと思うんですよ。でもそういう場合って雪云々より、札幌市民の市民性だったり東京や大阪と比べて遊ぶとこが少ないとか雪以外の要素の方が圧倒的に大きいと思います。札幌市民の市民性がなんとなく合わないって場合もありますしね。

その辺はまた別記事でまとめようと思います。

 

つまり、雪そのものはそんなに心配しなくても大丈夫って事です!