読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Sapporo City Survival guide

これからの時代を札幌という町に住みながら生き残っていくことを考えていくブログです。主に雑記、札幌への移住を考えている人向けの記事を書いていきます。

これからは英語が話せないと駄目だよって言われて育ったけどそれって何時くるの?って話 その1

僕が空中に飛んでいるトンボを如何にして網で捕まえるかに情熱を注いでいた小学生の頃からずっと、テレビや雑誌、学校の先生までもが「これからは英語が話せるようにならないとやってけない時代なんだよ~?」と得意げに語っていたものです。

「英語を覚えたってオニヤンマのスピードには追いつけないじゃないか、そんなの意味無いよ。」とトンチンカンな事を子供心に思ったのを覚えています。

あれから20年以上経ちましたが、未だ英語が話せないとやっていけない時代は来ていない様に思うんです。

 

でも、もしかしたら.....僕が気づいていないだけで本当は来ているのか....?

学校ではアメフト部のクォーターバックがチアガールと付き合い、どの家も朝はシリアルを食べ、どの家庭も僕に隠れて週末はBBQでダディCOOLなのかも知れない。

 

これは調べなくては......

 

 

調べてきました。

 

 

結論:英語が話せないとやっていけない時代はまだ来ていない様です。

 

学校ではワックスで髪の毛をこねくり回した学ランの男の子がスカートを少し短くした女の子と付き合い、どの家もまだ白いお米を味噌汁で流し込み、週末はサザエさんを見ながら終わりゆく日曜日に未練を残しつつもさよなら言う今までと変わらない日々を過ごしていました(そもそも英語が話せないとやっていけない時代観てこういうことでは無いしね。)

 

そして何より、英語が無くてもやっていけています。

 

じゃああの頃言われていた英語を話せるようになった人達は何処にいるんだい!

結構転職もしたけど何処行っても英語が話せてそれを使って仕事をしたり友人を増やしている人達なんていやしないじゃないか!

 

なので今回は日本で英語は必要なのか?それとも不要なのか?を考えてみたんです。

(たったこれだけの内容なのに導入が長い)

 

 

1.必要か不必要かと問われれば不要

 

生きてはいけますしね、日本国内にいる限りほぼほぼ英語使いませんし

ハッキリ必要か不必要かと言われれば必要ではない=不必要と考えていいと思います。

 

2.そもそも覚えても使う場所が無い

 

仕事であれプライベートであれ、英語が活きる場って日本には多くないと思うんですよ。

そりゃあ使う機会が少なければ頑張って覚えてみたところですぐ忘れてしまいます。

 

3.いくら英語を覚えたって受け身なままでは意味が無い

 

免許持ってても車乗らないのと一緒ですね、あんまり意味が無くなってしまいます。

つまり 英語を覚える + それを活用する場を見つける行動力

が無いと意味が無いと思うんですよ。

 

4.明確な目標も使うあても無く手に入れたスキルが陽の目を見ることは無い

 

「これからは英語が話せるようにならないとやってけない時代なんだよ~?」

何がどう、やっていけなくなるのかはわかりませんがつまりは

これを言っていた人達もそんなにハッキリ何かを理解した上で言っていたのではなく周りに流されて九官鳥の様に唱えていただけなんでしょう。

そんな言葉に流されて英語を身につけたとしてもそりゃあ役になんて立たないわけで

今現在でもこういった考えの人達が大半であるように思います。

 

つまりはこの先も英語が話せないとやっていけない時代はしばらく来ない

って考えていいと思うんですよ。日本にずっと住む限りそれで不自由する時代は来たとしても、もっともっとずっと先だと思うんです。

 

ちょっとネガティブな終わり方にはなりますが一旦閉めます。